桜桃





もしも僕が 鳥になれたら

あの実を摘んで 君に届けよう

柔らかな耳たぶに そっと

僕のかわりに 触れて 桜桃

Continue Reading...

Elder(エルダー)


その花が咲くと夏が始まり、
実が色づくと夏が終わるという。




エルダー(独名:Schwarzer Holunder、和名:ニワトコ)

ヨーロッパでは万能薬として古くから親しまれているハーブ。
公園のあちこちに、雑草のように無造作に植わっています。
花の爽やかな香りが漂って、朝などそれはそれは気持ちがいいんですよ。

秋になるとバケツ持参で実を摘んでいる人もいます。
果実酒にするのだそうです。

面白いのはヨーロッパでも日本でも「魔よけ」として用いられていたり、
同じように果実酒にしたり薬にしたり。
距離を越えて備わっている人の知恵ですね。

とにかく至るところに植わっているし、花の色も目立たないので、
あまり「価値のないもの」のように見えるのですけど、
それは私が知らなかっただけなのでした。

この木、ウサギの格好の隠れ家になります。
実は鳥たちのエサに。

誰かがこの花を摘んでいるのを見たことはありませんから、
薬として人が日常的に使っているとは考えにくく、
もしかしたらこの木は人間のために植えられたというより、
動物たちのために植えられたのかもしれませんね。

立ち上ってくるような香りに惹かれて近くまでいってみたら、




こんなに可愛らしい花たちが迎えてくれました。


さくらんぼの木の下で

 

公園で写真を撮っていたら、
足元にでっかくて黒いのがやってきました。



首の下を撫でたらゴロンとあおむけになったので、
胸をわしゃわしゃ撫でてあげたらハァハァ言ってました。
で、もっと撫でろと訴えているところかな、これは。




アレクセイ。推定9歳。
引きとった犬なので正確な年齢はわからないそうです。

久しぶりによそのワンコさんを撫でさせてもらいました。
一人で写真を撮っていたのでルークはいませんでしたから。
いるとやっぱり気をつかうというか、やきもちを焼かれてしまうというか。




帰ったらルークになんて言おう。
「この匂いは満員電車でついたんだよ」
これだな。