スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

小さなお客さま


今日は素敵なお客さまがいらしてくださいました。



彼にとっては犬=「しち」(自分のとこで飼ってる犬)
んぷぷ。可愛いなあ〜
おやつのクッキーはちゃんとルークに背中を向けて食べてましたよ。
その気配の消しっぷりといったら見事でした(笑)
また遊びに来てね。「しち」と一緒に待ってるよ!





終わっていく歓び




ひとつが終わる幕間に、





寂しさと可笑しさの余韻が残った。


ピクニック




3日前のことですが、娘とライン川へ行って来ました。





サンドイッチが欲し過ぎて、口のとこが変なんなっちゃってるルークです。





今度は晴れた日に来よ。

卒業式


3年前、ドイツへ行くのは嫌だ嫌だと泣いていた娘が今日(13日)、卒業式を迎えました。



  正式な卒業は3月ですが、受験のため一時帰国する生徒が
 多いことから、卒業の式典は1月に行われます。日本人学校
 ではこれを仮卒業式と呼び、実質的には中3生全員がそろう
 のはこの日が最後となります。同じ学び舎で苦学を共にした
 仲間とも今日でお別れ。涙、涙の卒業式でした。でも娘の流
 した涙は3年前の涙とは違っていました。別れるのが辛いと
 思えるような仲間に巡り会えたことは一生の財産になること
 でしょう。

 本当に、本当に、よく頑張ったね。卒業おめでとう!!!

Stille Nacht ..




            イブの夜は静かに更けていきます。



              サンタさんとルドルフへ。


                             ブログランキング・にほんブログ村へ

羨望




私の手をどんどん離れていく娘を、
眩しいものを見るような気持ちで眺めている。

                                ブログランキング・にほんブログ村へ

そんなに面白い?




月に一回、日本から送られてくるマンガ雑誌は息子の大きな楽しみ。

繰り返し、何度も読んでいます。

                                   ブログランキング・にほんブログ村へ

今しか描けない絵


親ばかな話が続きますが、



息子の描いた「長靴をはいた猫」です。

インターネットで探した画像を、ディスプレイとにらめっこしながら描きました。
首の鈴を蝶ネクタイに変えたところがひと工夫かな(笑)

画像を真似しんぼの絵ですが、これは、今しか描けない絵だと思いました。
この線を私に描いてみろと言われても、描けないだろうと思います。
一生懸命に、ただ描くことだけを考えて引かれた線。

画面いっぱいに伸びやかに猫が歩いていますよ。
雨の中、傘をさして、足を振り上げて歩いていますよ。
ぱんぱんの顔がいいじゃありませんか。

ああ、なんだかこの猫が息子に見えてきました。
やばいやばい。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

ところで唐突ではありますが、しばらくコメント欄を閉じたいと思います。
時々は開けますので、気が向いたら話しかけてください。
ブログ自体はもう少し更新を続けようと思っています。
ツイッターのほうは開いていますので、よろしかったらそちらからどうぞ。
勝手なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


ぎんこうへ行こう!


週の初めには25℃くらいはあっただろう気温も、
今日は10℃くらいまでしか上がらず、ぐっと冷え込んできました。



そんな土曜日の午後、息子と連れだって散歩へ。
なんでも学校の宿題で ”俳句の題材を探しましょう” というのが出たらしく、
”吟行(ぎんこう)” と言うのだそうですが、
「お母さん、ぎんこう行こう!」 と言われて、”は?銀行?” と最初はわかりませんでした。
暑がりの息子なので、寒い中かなりの薄着となっております(爆)



足元にはどんぐり。
耳をすませば鳥の声。
見上げれば赤い実を付けた木々や黄色く色づいた葉っぱ。
秋の題材がそこかしこに・・・と思いきや、




息子の一番の興味を引いたのは、一本の木の枝でした。
「すげー、空気を切る音がする!」 とヒュンヒュン振り回しています。
あ、いや。枝もいいけど秋の題材は?
大きな葉っぱが落ちてるよーとか、リスが出てこないかなーなどと
私はさかんに話題を振るのですが、
「お母さん、この棒片手で回せる?」 だの 「やり投げって難しいなあ」 だの、
関心は別のところにあるようで(笑)
それでも歩きながら一生懸命俳句を考えていました。



家に帰る頃には、「暑い暑い!」 と言って長袖のシャツを脱いでしまった息子。
”吟行” もなかなか大変です(笑)


おめでとう。




  何度縫いつけたかわからない袖のボタンは、
  いつも決まって右側。左側は一度も取れた
  ことがないのに。

  さいわい飾りボタンの多いシャツだったので
  今までなんとかなったけど、これが最後。
  右ポケットのボタンを外して縫いつけた。
  今度失くしたら次は全然違うボタンだからね。
  もう失くさないでよ。針に糸通すのだってしん
  どいんだから。


寝てる時と食べてる時とゲームをしてる時以外は、ほぼ口と体が動いている息子の、昨日は11回目
の誕生日。週に2回、川向こうの公園まで野球の練習に通うのが楽しみ。


「いってきまーす」


いってらっしゃい!