たからもの



おはようございます!

今朝は冷え込んでいますね〜

そして、とてもいいお天気です!






今日は布団の中で、
「ガリガリガリ」
という音で目が覚めました。


自動車が凍った道の上を走る音です。
「うわぁ、寒そうだなあ・・・」
「外、行きたくないなあ・・・」


その5分後、




外、歩いてるし。



いやぁ、犬の力ってすごいですね。


自分ひとりだったら、
絶対にこの時間、
この場所に、
いないもの。


そうやって今まで、
犬がいたからこそ見た景色が、
たくさんあって、


それはぜーんぶ、
私の宝物になっています。





きらきらきらと

いつも輝いています。


さ、
寒波も去ったようです。
みなさま、
よい週末を!


誰かの力で風船がふくらむ



おはようございます。

今朝のるーく地方です〜



呼ばれるとめんどくさそうに振り向く犬


さてさて、
昨夜は友人を誘って温泉へ行ってきました。


前もって約束しておく、
というのが苦手なので、
思いついたときに
「これから行く?」
とLINEして誘うのですが、
そんな急な思いつきに付き合ってくれる友人に、
感謝!です。
(子供のころの、〇〇ちゃん、あーそーぼ!のノリです)


平日の夜のお風呂はすいていて、
シーンとした中で入る雪の露天風呂の気持ちいいことよ。
「うわー、雪だよ!手が届くよ!」
と、雪国の人間にあるまじきリアクションをしながら、
「気持ちいいねー!」
「ほんとだねー!」
と会話できるありがたさよ。


一人でもじゅうぶん気持ちいいのだけど、
そういうときは心の中で、
(きもちいいなー)
とモゴモゴつぶやくだけなので、
うれしさも一人分です。


でも共感してくれる人がそばにいると、
うれししさも楽しさも、
何倍にもふくらますことができるよね!


誰かの力ってすごいなあ。


風呂上がりに食べた天ざるの、
これまた美味しかったことといったら!


帰り道は雪の降る中を、
一人運転じゃ心細くなりそうな白い道を、
二人でおしゃべりに花を咲かせながら、
帰ってきました。

きょどこぉぉぉ!



タイトル見て、
何のことだかわからない人、
こちらです→『きみが心に棲みついた』


向井理さんファンの私としては、
毎週欠かさずチェックしているのですが、
これがキツくてキツくて(笑)


なにがキツイって、


きょどこ病み過ぎ。


最初は向井さん演じる星名さんの、
ゲスっぷりに惹かれて見ていたのですが、
これ、
本当にゲスいのは、
きょどこのほうだわ。


どうしてそういう行動になるのか意味不明。
が、仕事に関してはものすごいポテンシャル。


ここまで人をイラつかせるきょどこ!
こんな人、そばにいたら嫌だ!


きょどきょどしながら、
結局は最後、
おいしいところを全部持っていくんだろぉー(魂の叫び)


ムロツヨシさんが救い。


それにしてもこのドラマ、
偶然ばったりパターンに頼りすぎ。
仕方ないかー。
あと「BG身辺警護人」も、
俳優さんたちは豪華なのに、
ツッコミどころが多くて・・・(涙)
(勝手に泣いてなさい!w)
「アンナチュラル」が今回は私の中で一番かな〜
「99.9」はどこまであのダジャレについていけるか、
体力勝負です。


あ、向井さんのこともっと書きたかった。
『ゲゲゲの女房』最高だったよね!



連続テレビ小説など見たことなかったのに、
向井さんの演技見たさに、
この年末年始はDVD借りてきて、
るーくとまったりしながら一気に見ました。
昭和という時代の人々の暮らし、価値観、
幼いころの自分と重なって、
なつかしく、切なく、
そして水木しげるさんの生きざまから、
元気をもらったドラマでした。
音楽も素晴らしかったです。


それから、
『いつまた君と』を観た日には、
涙が止まらなくて止まらなくて、
目がぼんぼんに、何日も腫れてました。
今でもを聞いただけで、
涙がこぼれてきます。
印象的なシーン、
胸をぐっと掴まれるような台詞、
どこを切り取っても素晴らしい、
いい映画です。


家族っていいな。


きょどこからずいぶん脱線してしまったわ(笑)