最初、その人は一人で歩いているのかと思いました。






川べりで遊んでいた犬は、その人のほうを見ると、





座っていた男性を振り向いてから、





歩いていた人のほうへ駆けていきました。



歩いていた人はその犬の飼い主でした。
一人と一匹は川に沿って、今度は並んで歩いて行きました。