休ませるのが恐かった



「旅に出る」、というのはどうだろう。


行く先は「知らない場所」だ。




わが地方は梅雨入りしたのかしらん?


今日は雨。

曇りが好きだ。

晴れも好きだけど、体力が落ちているときはしんどい。

「そんなに何もかも白日の下に晒さなくてもいいじゃんかよお」

と思ってしまう。

(晴れた日は家中のホコリが白日の下に!汗)

でも世の中には、「白黒はっきりさせたい」人が

たくさんいる。

疲れる。

強烈な光は深ーい闇を作るんだどお〜




近づくと一斉にうろたえたように動く。取って食べたりしないよ。


胃を痛めた、らしい。

先週、謎の胃痛に襲われ病院へ行った。

その晩は痛みでほとんど眠れなかった。

今日、内視鏡検査をしたところ、

異常なしだった。

原因はわからないが、わかっていることがある。

胃が「オレもうだめ・・・」とギブアップ宣言をしたのだ。

(私の胃は男だったのか)

心は嘘をつく。

体は嘘をつかない。




足元の草花に宿る完璧な宇宙。


「今までのやり方はもうギブ〜!涙」

と体が訴えている。

何がギブなんだい?

あれかい?それかい?これかい?

(そんなにあったんかい!)

「オレ休みたい・・・」

と体が泣いている。

「オメ、この程度で休みたいなんざ泣き言いってんじゃねえ!」

と恐がりな私が言ってくる。

それはまるで、

保育園に行きたくないと泣きじゃくる私と、

それをたしなめる母のようだ。

そうか・・・

私はずーっと母の価値観を優先してきたのか、

本音を引っ込めて・・・。

母は恐かったんだ、私を休ませるのが。

ああ・・・、

書きながら何かが腑に落ちそうな予感。




草を揺らすと一斉に逃げ惑う。だから何もしないって。


半月くらい何もしないで、

(半月っていうのが何ともしょぼい!)

知らない場所で気の向くままに、

ぶらぶらと。

そんな旅が私にできるだろうか。

休むのが恐かったんじゃなくて、

休ませるのが恐かった私が、

私を休ませてあげることができるだろうか。






行く先は、

南がいい。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply