母ちゃん、来てる?



0191.jpg

人生初、登山靴を買いました。
一体どうしたことでしょう、
これから登山ライフを楽しむつもりでしょうか?(爆)
足慣らしをかねて近くの山へ行ってきました。
八海山の残雪が美しい!




0131.jpg

前を行く夫の足にピントが合ってしまいましたが、
見てほしいのは、こっちを振り向いたルークです。
「母ちゃん来てる?」
と言わんばかりに心配そう。
来てるよ来てるよ、
はぁはぁ、ぜぇぜぇ・・・!




0571.jpg

イカリソウもそろそろ終わりかなあ。
山は今、ワラビが盛りです。
それにしても暑い!
そして毛虫が多い!むちゃくちゃ多い!
いたるところ毛虫だらけなので、
落ち着いて写真が撮れません。
ひたすら毛虫をよけて、黙々と歩きました。




0261.jpg

遠くに芝桜が見えます。
きれいだなあ〜!
でもゆっくり立ち止まってる余裕がありません、
毛虫だらけでルークが危険だからです。
ついこの間もダニちゃんがついちゃったし。
(その後、動物病院で虫除けの薬もらいました〜)
でも、自然の中では刺されたり、噛まれたり、
当たり前のことなんだよね。
生きてるのは人間だけじゃないのだもの。



0401.jpg

思い描いていた山歩きとは少し違ったけど、
汗がじわーっと出てきて気持ちいい。
でもって登山靴ってやっぱりよくできてて、
下り道も安心して歩くことができました。
けどやっぱり、
「母ちゃん来てる?」
ってルークに心配されちゃうのでした〜(笑)

妖精の山へ




0241.jpg

午後から雨の天気予報が出ていたので、
その前にと、るーくと近くの山へ行ってきました。
写真ではわかりづらいかな?
斜面にカタクリの花が咲いています。



0201.jpg

小さな小さなカタクリの花。
早春の山にひっそりと咲く。
春が来たよと小声でささやく。



0111.jpg

人の目にはつかなくても、
鳥や虫や木や草は、あなたを知っている。
そして私はあなたのことが大好きです。



0191.jpg

ところどころに残る雪の上を、
楽しげに歩くるーく。
11歳のあどけない顔(笑)



0401.jpg

今年も一緒にここに来れたね。
それだけでじゅうぶんで、
ほかに何を望むことがあるだろう。
大切な人の笑顔を見れること以上の幸せが、
どこにあるというのだろう。



0471.jpg

悲観じゃなくて、淡々と思う。
「あと何回、桜を見れるかな(笑)」
終わらないでと願うものほど、
あっという間に過ぎ去っていく。



0821.jpg

いかないで。
終わらないで。
私をおいていかないで。




0721.jpg

そして現れた一面の春。
いきなり目の前に開けた。




0841.jpg

スプリング・エフェメラル。
春の妖精。
春の短い命。




0931.jpg

雪解けとともに地上に現れる妖精たちは、
けれども、こんなにも力強く咲く。




0981.jpg

目を閉じてぐっと拳を握る。
とどめておくのだ、
この美しい光景を。



1131.jpg

やがて去らなければならない日がきても、
私が見たものはなくならない。
たとえ忘れてしまっても、
山は憶えているから。


くすぐったいよ(*^.^*)




0961.jpg





0541.jpg





0321.jpg





0881.jpg





1131.jpg





1091.jpg





0831.jpg





0681.jpg


やわらかくて、あたたかい光に誘われて、

新しい命がぽこぽこと顔を出し始めています。

ポコポコもぞもぞ、ポコポコもぞもぞ。

山が笑ってるよ、

くすぐったいってさ(*^.^*)

花は咲き、鳥は歌い、空澄み渡る。



0011.jpg



0221.jpg



0371.jpg



0481.jpg

冬の間、川岸にびっしりといた水鳥たちが、
いつのまにかいなくなり、
今日は川面を行き交うツバメたちを見ました。

玄鳥至 (つばめきたる)
鴻雁北 (こうがんかえる)

本格的な春がやって来ますね〜

「おすすめブログ」で紹介していただきました。



まずはこのことから書かねばなりません。

当ブログが「JUGEMおすすめブログ」として紹介されました。
JUGEMスタッフの方には何とお礼を申し上げてよいかわかりません。
選んでいただき本当にありがとうございます。
おかげさまでアクセス数が飛躍的に増え、
他薦をしていただくことのありがたみを痛感しています。

−・−・−・−・−・−・−

ブログを始めてどれくらい経つでしょうか。
途中、更新も滞りがちになり、
何度も「やめようかなあ」と考えましたが、
やめないでいてよかった。

読んでいてくれる人が必ずいるはず。
と、心当たりの人を思い浮かべて(爆)、
それを原動力にして書いてきました。

長いこと読み続けてくださっている方々へ、
いつも本当にありがとうございます。
そして今日はじめて来てくださった方々へ、
これからどうぞよろしくお願いします。

お話したいことはたくさんあるのですが、
明日も朝早い身ゆえ、
取り急ぎ我が家の愛犬の姿をばお伝えして、
細かい話はまたの機会に(笑)

なにはともあれ、


漠々としたブログという荒野に転がる、

たった一片の石ころを、

手にとっていただいて、

本当にありがとうございます。


−・−・−・−・−・−・−



0251.jpg

今日は近くのスキー場までやってきました。

少し歩くと「暑い〜」と思えるくらい、

暖かくなってきた魚沼地方です。



0351.jpg

とはいえ、スキー場周辺はまだ雪が残っています。

遠くに見える枯れ木のような木々は桜。

まだ咲く気配はありません。



0381.jpg

ぽかぽか陽気に冷たい雪が気持ちいいのでしょうか。

それとも春が来るのがうれしいのでしょうか。

ルークはごきげんです。



0571.jpg

冬のあいだモノトーンだった世界が、

日に日に色づいていきます。



0631.jpg

雪の重みで折れてしまった桜の枝を、生けてみました。

くねくねと曲がった枝が、冬の厳しさを物語っています。

咲くといいなあ!

雪解道(ゆきげみち)





ひと冬の間、雪に覆われていた土手の道が、
歩けるようになりました。






頭上からヒバリの声が聞こえます。






残雪と新緑。
私はこの柔らかい黄緑色が大好きです。




0731.jpg

ルークは自分から雪の中へざっくざく。




0751.jpg

あと数日でこの雪も溶けてしまうでしょう。




0801.jpg

残り少ない雪を楽しんでね!


ボクはMID!



こんにちは!

3月になって春めいてきましたね〜

みなさんのところはどんな陽気ですか?

菜の花が咲いてますか?

梅が咲いてますか?

ひょっとして桜なんかも咲いちゃってる?

いいなあ〜

こちら魚沼地方は、

本日は、


大雪です。


0041.jpg
「ういんたー、あげいん?」


いやもう朝からバケツをひっくり返したような雪ですよ。

ごんごんごんごん降りっぱなし。

3月に降るのは珍しくないけれど、

この積もり方はすごいです。

こんな時は引きこもってるのが一番ですが、

雪の勢いが弱くなったところで、

散歩に出ました。


0062.jpg

あ、ももちゃん(柴犬)とエルちゃん(ウェスティ)だ!

考えることは皆いっしょなのね。

小降りになったところで散歩へgo!

って、全然小降りじゃないし。

にしても、

こっちを見てる2匹が可愛すぎる!(悶絶)

ということで、もう一回。


0061.jpg
「あ、ももちゃんとエルちゃんだ!」


ほんとに可愛いなあ!

私たちを待っててくれてる?

誰にでもふれんどりーではないルークにとって、

数少ないお友だちです。




0082.jpg
「うぇーいww、ちょー雪ってね?」
「は?柴的にはぜんぜんフツーだし」
「ちょ、この靴、めっかわっしょ?」






0151.jpg
「うぇーいww!」


御歳11歳。

M(まだまだ)I(イケてる)D(ドッグ)!



この道を君たちと歩いた




先週末、久しぶりに東京へ行った。

子供たちが小さい頃、長い休みのたびに、

ルークも連れてよく遊びに行った。

町を歩けば今でもそこかしこに残っている。

子供たちと過ごした鮮やかな時間の痕跡。







「ここも一緒に歩いたよねぇ」

「この店で○○と、なんか買ったんだよなー」

「あの時、○○はグズッてたよね(笑)」
「そうだっけ?(笑)」



ねえ、ルーク、おぼえてる?

この道を4人と一匹で歩いた時のことを。





それがあるからこそ



0861.jpg

雪がやんだ朝、

今日は鳥の声に導かれて歩こう。





0132.jpg

ほっぺから首にかけての緋色が美しい「ウソ」

あんまりな名前だと思うが、それは今の人間の価値観で、
古代の人にはそれ相応の理由があっての命名だろう。



0151.jpg

桜の花芽が大好物だそうな。

どうか人間の楽しむ分は残しておいてくれよ。




0731.jpg

雪がやんだ朝、

雪があるからこそ見える風景がある。

降っている時は見えないのだけれどね。

なんで降っている時に見えないのさ、と思う。

そしたら降っている間も不安にならずに済むのに。

でも降っている最中は降っているから見えないんだよ。

ははは!



0901.jpg

見て、こんなに綺麗だよ!

それがあるからこそ、見える景色だ。

悲しむ必要もないし、諦める必要もない。




0891.jpg

君にも、

鳥の歌が聞こえるかい?



祈り


0321.jpg




0891.jpg




0701.jpg




0831.jpg


神様、
どうか私の大切な人が、
涙など流していませんように。
今夜ぐっすり眠れますように。
明日の朝、小鳥のさえずりで目が覚めますように。


−・−・−・−・−・−・−・−
テンプレート変更しました。
コメント欄の入り口は、記事の上部、
投稿日付の右にある吹き出しアイコンです。
よろしかったらどうぞ♪
今日も来てくれてありがとうございます。
−・−・−・−・−・−・−・−