ボクはMID!



こんにちは!

3月になって春めいてきましたね〜

みなさんのところはどんな陽気ですか?

菜の花が咲いてますか?

梅が咲いてますか?

ひょっとして桜なんかも咲いちゃってる?

いいなあ〜

こちら魚沼地方は、

本日は、


大雪です。


0041.jpg
「ういんたー、あげいん?」


いやもう朝からバケツをひっくり返したような雪ですよ。

ごんごんごんごん降りっぱなし。

3月に降るのは珍しくないけれど、

この積もり方はすごいです。

こんな時は引きこもってるのが一番ですが、

雪の勢いが弱くなったところで、

散歩に出ました。


0062.jpg

あ、ももちゃん(柴犬)とエルちゃん(ウェスティ)だ!

考えることは皆いっしょなのね。

小降りになったところで散歩へgo!

って、全然小降りじゃないし。

にしても、

こっちを見てる2匹が可愛すぎる!(悶絶)

ということで、もう一回。


0061.jpg
「あ、ももちゃんとエルちゃんだ!」


ほんとに可愛いなあ!

私たちを待っててくれてる?

誰にでもふれんどりーではないルークにとって、

数少ないお友だちです。




0082.jpg
「うぇーいww、ちょー雪ってね?」
「は?柴的にはぜんぜんフツーだし」
「ちょ、この靴、めっかわっしょ?」






0151.jpg
「うぇーいww!」


御歳11歳。

M(まだまだ)I(イケてる)D(ドッグ)!



この道を君たちと歩いた




先週末、久しぶりに東京へ行った。

子供たちが小さい頃、長い休みのたびに、

ルークも連れてよく遊びに行った。

町を歩けば今でもそこかしこに残っている。

子供たちと過ごした鮮やかな時間の痕跡。







「ここも一緒に歩いたよねぇ」

「この店で○○と、なんか買ったんだよなー」

「あの時、○○はグズッてたよね(笑)」
「そうだっけ?(笑)」



ねえ、ルーク、おぼえてる?

この道を4人と一匹で歩いた時のことを。





それがあるからこそ



0861.jpg

雪がやんだ朝、

今日は鳥の声に導かれて歩こう。





0132.jpg

ほっぺから首にかけての緋色が美しい「ウソ」

あんまりな名前だと思うが、それは今の人間の価値観で、
古代の人にはそれ相応の理由があっての命名だろう。



0151.jpg

桜の花芽が大好物だそうな。

どうか人間の楽しむ分は残しておいてくれよ。




0731.jpg

雪がやんだ朝、

雪があるからこそ見える風景がある。

降っている時は見えないのだけれどね。

なんで降っている時に見えないのさ、と思う。

そしたら降っている間も不安にならずに済むのに。

でも降っている最中は降っているから見えないんだよ。

ははは!



0901.jpg

見て、こんなに綺麗だよ!

それがあるからこそ、見える景色だ。

悲しむ必要もないし、諦める必要もない。




0891.jpg

君にも、

鳥の歌が聞こえるかい?



祈り


0321.jpg




0891.jpg




0701.jpg




0831.jpg


神様、
どうか私の大切な人が、
涙など流していませんように。
今夜ぐっすり眠れますように。
明日の朝、小鳥のさえずりで目が覚めますように。


−・−・−・−・−・−・−・−
テンプレート変更しました。
コメント欄の入り口は、記事の上部、
投稿日付の右にある吹き出しアイコンです。
よろしかったらどうぞ♪
今日も来てくれてありがとうございます。
−・−・−・−・−・−・−・−


みーーーっけ!



0451.jpg

あ!あれは!?



0401.jpg

もしかして・・・



0391.jpg

イタッちゃんだ!


うわー、こんな身近にいるんだねー

あっち行ったりこっち行ったり、
雪の上をぴょんぴょん跳ねてる!


0361.jpg

うふふ・・・
なんだか得した気分♪



0231.jpg

胴の長いところ、似てるね。


いつか写真展



1151.jpg

池田記念美術館で開かれている写真展へ行って来ました。
こちらはその美術館のある公園の池。



1161.jpg

人はなぜ写真を撮るのかなあ
なんてことを考えました。

私はなんで写真を撮るのかなあ・・・

理由はわかんないけど、
「あ、いいな」
と感じた瞬間を切り取れる、
カメラは便利な道具だなあと思います。


1091.jpg

私が見たのと同じ風景を、
人にも見ていただくことができるのですから。

あとやっぱり、
写真は紙に焼いてみないとわからないなあ、
なんてことも思いました。


1271.jpg

いつか私の写真も、見てもらえる日が来るといいな。
見る人の想像力を揺さぶるような、
そんな写真が撮れたらいいな。

あたりまえのこと



いやいやいやいや、

降りましたねー

一気に積もりました。

とにかく止まないんですね、雪が。

延々と、延々と、降り続けて・・・

このまま埋まっちゃうんじゃないかと思いましたよ。



でも、人はよく言ったもんです、

「止まない雪はない」と。

あれ?ちょっと違う?

ま、いいや。



そんなわけで、

今は止んでます。

時おり降ってくるけど、

大した降り方じゃありません。



そうなると、

雪国の人間はわらわらと外へ出てきます。

巣穴から這い出してくる獣のごとく、

老若男女、わらわら、わらわら。

何をするかって?

雪掘りですよ。

明らかにその年齢で屋根のぼっちゃダメでしょ、

という方々までも(笑)

でも皆、楽しそうです。



そう、雪が降ってこその雪国。

これが当たり前(自然)なんだから、

大変なこともいっぱいあるけど、

いいこともいっぱいあるので、

たったひとつの切り口で大騒ぎしてるテレビにつられて

あんまり心配しすぎないほうがいいよー



ルークも元気です。

ときどき体調崩したりするけど、

生きていれば当たり前のことで、それが自然。

そうやって、人(犬)生をまっとうしていく。

いつか一緒に歩けなくなる日は必ず来るのだから、

今日、一緒に歩けたことにすごい感謝です。

ほら!


0071.jpg

って、わお!大雪ぃ!!!(爆)