スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

休日の過ごし方




0424.jpg


何度も散歩してしまう。


ふきのとうの約束



「お母さん、あとでフキノトウとりに行こう」

2〜3日前だったか、息子から声をかけられた。

幼い頃、小さな手を引いてよく採りに行った。

しかし15歳、思春期真っ最中の男子が母親に言うセリフかいな。

まったく。

こういうことを、さらりと言う。


−・−・−・−・−・−・−

週末に引越しをひかえ、今日は荷造り。
息子と一緒に生活できるのもあと何日・・・
残り日を数えてしまうクセがついた。

しかしいよいよ間近に迫ってくると、
現実の忙しさが寂しさを忘れさせてくれる。

ひっきりなしに友人たちがやってきて、
連れ立って鉄砲玉のように出かけてしまうのも、
かえってありがたい。

母親のご飯を食べさせてあげられるのもあと数回。
かといって1日3食は作れないので、
せめて夕飯くらいはと、奮発した。


185831.jpg


エビの殻をむいているところで息子から電話が入った。
「これから○○とラーメン食べに行っていい?」
・・・・・いいよ。遅くならないようにね。

残りの殻をむいて背ワタを取り、
剣先を切り落とし、筋を切る。
水気をとってラップにくるんで冷蔵庫へ。


185906.jpg


さて、私は昨日の余り物で夕飯としますか(笑)


−・−・−・−・−・−・−


「フキノトウとってきたの?」

うん、さっき一人で行ってきちゃった。


0151.jpg

だから、約束はまだ継続中だよ。


卒業の日



メソメソするのもそろそろ終わりにせねばな・・・
でも泣けてくるものは仕方ないなー


昨日は中学生の息子の卒業式でした。




行ってらっしゃいと送り出す朝は、濃い霧の朝でした。





窓辺から後ろ姿を見送る日課も今日で最後。





春から遠方の高校に進学する息子は寮に入ります。
あと3年は一緒に生活したかったなあー

もう泣けて泣けて仕方ありません。

去年、大学に進学する娘を送り出したばかりなのに、
今年はまだ15歳の息子を送り出さねばならないなんて。


「お母さん、ごくろうさま。
ちょっと早いけど、もう卒業していいよ。
だって今まで本当によく頑張ったものねえ。
これからは自分のために生きて」


今朝、散歩をしていたら突然涙が込み上げてきて、
歩けなくなってしまいました。
心配そうに私のことを見上げるルークをぎゅっとして、
心の底から犬に感謝しました。


体の中から何かが出ていくような感覚です。
今までそこにあったものが、ごっそり抜け落ちていくような・・・

でも空洞になった場所にはたぶん、
これからまた新しいものが詰まっていくんだろうな、
ということもわかっているのです。

いまいっときだけ、
繋がっていたものが離れていくときの痛みだから。




卒業おめでとう!


門出



やっと書けそうです。
今まではとても何かを書く気分にはなれませんでした。
こんなに気力と体力をつかって何かに向かっていった時間は
かつてなかったろうと思えるような3ヶ月間でした。
大学受験に挑んでゆく娘の、背中を見守ることしかできませんでした。
励ましの声さえ拒み、ただ一点だけを見つめて進んでいく後姿は神々しく、
娘は手の届かないところへ行ってしまうのだと、
全力で親から離れていこうとしているのだと教えられました。



今から9年前(娘小4、ルーク6ヶ月)


いつの頃からそうなのか、娘の夢は“じゅういさんになること”でした。
幼い頃、だれしも一度は思い描くような淡い夢は、けれども、
色褪せることなく、むしろ月日を重ねるごとにはっきりとした輪郭と、
色彩を持つようになっていったのかもしれません。
娘はこの春から獣医学部獣医学科の学生になります。
ここまで険しい道のりだったことでしょう。
がんばってがんばって大きな門の前にたどり着き、
その扉を開けていただくことができました。

門出です。





駅までの送り迎えも、お弁当作りも、終わりました。
生まれてから今まで18年間、一緒にいてくれてありがとう。
私はこの扉の前でお別れです。ここから先は貴女の歩く道です。
でもどうか忘れないで。一人じゃないからね。
6年後にルークを診察してもらう日を、今から楽しみにしています。


時間旅行




きのうは新潟市の江南区というところへ、
息子の野球の試合を見に行って来ました。
ここ(魚沼市)からだと高速を使って1時間ちょっと。



0131.jpg

同じ新潟でも新潟市と魚沼市では
気候がだいぶ違います。
雪はまったくありませんでした。



0201.jpg

ぽかぽか暖かかったのですが、
風は強かったです。
こういう住宅街の風景、懐かしいなー。



0251.jpg

野球のほうは3試合やったんですけど、
全部負けてしまいました。
次は勝つ!



0391.jpg

帰りは高速を使わずに下道で。
家まで2時間くらいかなー
写真は阿賀野川です。



0471.jpg

犬の散歩に遭遇。
左は秋田犬でしょうか
楽しそう。



0551.jpg

家や道路、畑、竹林、梅の花、
季節は雪国よりも半月先をいっているようで、
車の窓からずっと外を眺めてました。



0711.jpg

長岡から栃尾をぬけて、守門へ。
また雪国に、というか半月前に(笑)戻って来ました。
ちょっとした時間旅行気分でした♪

雪だるマン




0681.jpg

ぼくの名前は”雪だるマン”



0241.jpg

子供たちが作ってくれました。



0293.jpg

おしっこかけちゃいやだよー



01711.jpg
クリックしてね(^^)

その気持ち




0152.jpg


0182.jpg


0201.jpg


0232.jpg

わかりにくいんだけど、
犬には伝わっているようです。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
変なところが親子で似てしまった。

夏休みの午後



3221.jpg

何もしないことに決めた午後。



3541.jpg

ルークは足元で昼寝。
犬のこのポーズが好き。



3482.jpg

両方とも私がカットしたの。
奥のは砲丸・・・ぢゃないよ(笑)



3561.jpg

テレビの声
食卓で娘が鉛筆を動かす音
寝息
遠くでセミが鳴いている

どうか時間がゆっくり流れますように・・・


スクランブル・エッグ



0281.jpg

散歩から帰ってきて玄関を開けたら、
台所から美味しそうな匂いが漂ってきました。
娘がスクランブル・エッグを作っていました。


0161.jpg

玉ねぎが入っているのでルークはだめだよ。
卵を何個使ったかわかりませんが、大量に作ったのは何故か。
みんなの分まで作ったということなのか、
分量がわからなくて適当にやったらこうなったのか。


0331.jpg

娘は何も言わなかったので、
私も何も聞きませんでした。


卒業おめでとう



0221.jpg

雲ひとつない快晴。

夫は東京、娘はアメリカということで、
息子と二人、静かな朝を迎えました。

朝ごはんを終えて、中学校の制服に着替えた息子に、
(この地区の小学校では卒業式に中学校の制服を着ます)
どうか入学早々制服を破いてきませんようにと心の中で祈ります。

私はコサージュの位置がなかなか決まらなくて、
何度も付けたり外したりを繰り返していたら、
「早く!遅れちゃうよ!」と息子に怒られてしまいました。
静かな朝のはずだったのに結局バタバタしてしまい、
母に見送られて家を飛び出す二人。

「なんでコサージュなんか付けるんだよ!」
と食ってかかる息子に、
「コサージュ付けなかったらお葬式になっちゃうじゃん!」
と応酬する私。

親子喧嘩をしながら小学校に向かいました(爆)


0211.jpg

卒業式は粛々と行われ、
「ぜったいに泣かないでよ!」と息子から言われていたのに、
そんな約束はいとも簡単に破られてしまいました。

卒業証書授与の時のBGM「手紙〜拝啓十五の君へ〜」でウッときて、
背後から聞こえてくる誰かが鼻をすする音でウッときて、
前に座ってる人の涙をぬぐう仕草でウッときて、
在校生の合唱でウッときて・・・。
とどめは式の後、教室に戻って担任の先生の挨拶でした。
子供たちひとりひとりに言葉をかける先生の声が何度も途中で止まり、
こみ上げてくるものを懸命にこらえながら言葉をかけ続ける姿に、
もう涙腺全開でした。

1、2年生の先生、3年生の先生、4年生の先生、5年生の先生、
息子を担任してくださったすべての先生の姿を、
今日の先生の姿に重ね合わせていました。

そしてまた、いろいろな場面で4年前の娘の姿を思い出していました。
あの時、みんながセーラー服を着ている中で、
ブレザー姿で卒業式に臨んだ娘の気持ちを想像していました。


0031.jpg

卒業おめでとう。
本当におめでとう。


メッセージを下さった方、ありがとうございました!