スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

君じゃなくてよかった



虫に刺されたらちょうど痛い所ってあるよね。

たとえば指の関節とか、まぶたとか、

なんでよりによってそこ刺すかなー、

みたいな場所。



夕方さんぽしてたらね、

まさにそんな場所を刺されてしまいました。

くるぶし!

ぶしっ!



家に帰ってすぐ薬塗ったり、冷やしたりしたけど、

みるみる腫れてきて、足首消滅。

かゆいあついかゆいあつい。



でも、そんなのどーってことないさ、

君が刺されることにくらべたら。

こうやって保冷剤で冷やせばいいんだし。

刺されたのが君じゃなくてよかった!






だからってこういう写真撮るかなーふつう。。。


引き寄せちゃったかも



あああ・・・

なんてこった・・・

なんてこったなんてこったなんてこった!!!

今、気づいてしまいました。

私・・・

引き寄せてたんだー!!!


−・−・−・−・−・−


あ、はいはい、何のことかわかりませんよね。

説明しますね。

実は今日、TSUTAYAへ本を買いに行ったのですが、

店内をくまなく3周まわってもお目当ての本を見つけられなくて、

仕方ない、AMAZONで買おうとあきらめて、

その後で立ち寄ったスーパーの本コーナーで、

偶然目に入った本を、

衝動的に買ってしまいました。



こんまりさんの本も前から興味はありました。

でも、なかなか手が出なかったのです。

なぜならそれは、

「この本を買っちゃったら片づけをしなければならなくなるから」

(爆)

バカっぽい理由ですねー

すごい矛盾してますねー

ともかく、ときめきの人生が視界にチラチラしながらも、

見ないふりしてずっと避けてきた本を、

今日、私は、衝動的に、

買ってしまったのです。

レジで店員さんがビニール袋に入れてくれましたよ。

これ、引き寄せ日記をTSUTAYAで買ってたら、

絶対に買ってません。

ある意味、引き寄せ日記がときめき人生を運んできた、

と言っても過言ではありません。

過言かもしれないけど(爆)


−・−・−・−・−・−


そうして手に入れた片付けの魔法本を、

さっき開いてしまいましたらば!

気づいてしまったのです。


あっ、そうかー

今まで片付けたい片付けたいと願ってきたけど、

なかなか叶わなかったよね。

それは、自分を後回しにしてきたからだ。

自分以外の誰かがいたら、

その人を隠れ蓑にしちゃうでしょ。

そうやって自分のやりたいことを後回し。

だからもう強制的に、

言い訳ができない状況を作ってあげるね。

そう、

あなたは一人にならなきゃだめ。


−・−・−・−・−・−


はい、

今はやりの言い方をすれば、

私は、

「一人になること」

を引き寄せてたみたいです。

(うっそーん!汗)



まあ、子供と離れる寂しさを克服したいがための

こじつけかもしれません。

だとしても、

これはやばいですよ。

私、

変われるかもしれません。


まぶしい君へ



あの、夏かった暑の日、
じゃなくて暑かった夏の日、
犬は涼しい場所を知っていました。
たとえば台所の床の上、
たとえば玄関のコンクリートの上、
お腹をぺたーと押し付けて、
内なる熱を逃がすかのように、
犬は横たわっていました。
そんな姿を見てさすが動物は違うと、
ちゃんとわかっているのだなと、
感心したものでした。

そして季節は変わって冬。
曇り、雨、曇り、雨、雪、雪、雪、
という気候がヘビロテされるようになると、
今度は犬は日の光を求めて、
あるいは暖を求めて、
陽だまりやストーブの前に、
居場所を変えるようになりました。
誰に教わったわけでもないのに、
動物というものはたいしたもんだなあと、
これまた感心するのであります。

我が家の犬とて例外ではありません。
特に日本海側を生きる犬にとって、
陽だまりはマグロのほほ肉のごとく希少部位。
一週間に一度、お目にかかれるかどうかの
貴重な貴重な場所だから、見つけたら絶対逃しません。

ぜったい・・・


0631.jpg

って、よりによってその位置ー!
まぶしいだろそれは。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ランキングに参加しています。気に入っていただけたらクリックしてください♪

エール


みなさん、
今日で9月も終わりますね。
今月もいろいろあったことでしょうが、
本当におつかれさまでした。

明日から10月ということで、
テレビでは値上げのニュースばかり。
いやになっちゃいます。
ついこの間までオリンピックの話題で浮かれてたのにね、
なんだかよくわかりません。

ともあれ、えぶりでい いず にゅうでい。
明日も張り切ってまいりましょう。
ではここで癒し担当大臣からひとこと。


0171.jpg

みんな、元気出してにゃ。

にゃ?

雨降り



0261.jpg

そこはかとなく漂う犬臭を、
胸いっぱい吸い込む。
それでは足りなくて、
ルークの体中に鼻を押し付ける。

ああ、変態の 雨降りの一日。


コレで暑さを乗り切れ!



0641.jpg


0661.jpg


0691.jpg


0672.jpg


0721.jpg

ボクのごはんはボクのもの

母ちゃんのごはんもボクのもの

あっぱれ!

人間(じゃないけど)、

食べてなんぼよ

この食欲で暑さを乗り切れ!


画伯



その筆運びには一切の迷いが無く、


色使いは徹底してシンプル、


大胆にしてかつ繊細で、


余すところ無く対象の魅力を引き出し、


何より、犬への惜しみない愛情が、


画面から立ちのぼってくるようです。



1871.jpg

夫 : 「お、これ、○○(息子の名前)が書いたの?」

私 : 「いや、私。」

夫 : ・・・・・・・。

画伯デビューか?


愛のクールビズ


「クールビズ」って言葉、まだ使えますか?
大丈夫かな・・・ま、いいや。

台風が近づいているようですが、皆さんのところは雨でしょうか。
ここ魚沼地方は、今日も朝から照りつけるような日差しです。
洗濯物を干しにベランダに素足で出たら、あぢっ!
真夏の砂浜かと思いました。
これは犬族にはさぞ暑かろう。


0331.jpg

ということで、トリミングをすることに。
この時点ですでにかなり暑そうなルークですが、
午後になると駐車場は太陽が照りつけるので、
午前中、まだ日影のうちにやってしまいましょう。
大量のオヤツをポケットにしのばせて、
ザクザクと足毛を切っていきます。


0381.jpg

足毛には、いろんな物が引っ付いていました。
毛玉もところどころにできています。
が、ここをカットしたところで、
どのくらいクールビズ効果があるのでしょうか?
でも本人に確かめようがないので、
「涼しくなるはずだ」と思い込むことに。


0451.jpg

かがんだり、ひざまづいたり、いろんな体勢を駆使してカット。
腰がぎしぎし言っています。
でもくじけません。ルークのためです。
ということはもちろん本人には伝わっていません。
むしろ、ルークにしてみれば大迷惑行為でしょう。

だいたいカットしたところで全体を見たら、
お尻まわりやお腹まわりも気になってしまったので、
丸で囲んだところにも少しハサミを入れました。
こうやってワカメちゃんの前髪はどんどん短くなっていくのね。
最後にホースの水で下半身をすすいで終了。


0501.jpg

ちょっとわかりにくですけど、スッキリしたかな?
近くで見ると恥ずかしいくらい不揃いのざん切りですけど、
でも、いいのです。
「もうお母さんになんか切ってもらわない!(涙)」
と泣かれても、くじけません。
いつだって一方通行。それが愛なのですから。
座布団で体ゴシゴシしたね。


ロシアリクガメの独白


0301.jpg

みなさんこんぬつわ。
ボクはロシアリクガメの亀吉といいます。
あ、いえ、まだ子供なので性別がわからなくて、
もしかしたら亀子って改名されるかもしれないんですけど、
とりあえず現段階では亀吉ということになってます。

今、ボクを手のひらに載せてるのは、
ボクの飼い主の友人だそうで、
ルークって犬を飼ってるそうです。


0311.jpg

ま、そんなことはどーでもいいんですけど、
せっかく水槽の中でくつろいでいたのに、
こんな所に引っ張り出さないでくださいよ〜
あ、水槽といっても水は入っていません。
リクガメですから。

ところで、さっきから熱い視線を感じるんですけど。
下のほうから・・・
ちょ、ボクの足を舐めないでくれる?


0331.jpg

あー、やっぱり。
ボクんちのチビです。
あのさー、何度言ったらわかるの?
チョキが出せるようになったら遊んでやるって言ってるでしょ。