月の浮かぶ夜に



いつもの仲間と飲み会が終わって、

夏の夜だしタクシーを呼ぶほどでもないと、

家までの道を歩いて帰る。



途中、子供たちの通った小学校の脇を通った。

月明かりにジャングルジムが照らされている。



あの頃はここも自分の生活範囲で、

足しげく訪れた場所なのに、

今はよそよそしい。



細い道に入る。

子供たちも学校の帰りに歩いたろう。

どんな気持ちでこの道を歩いていたのだろう。



学校では毎日いろんなことがあったろう。

楽しいことも辛いことも、

いろいろいろいろあったろう。



どんな思いで、

この道を歩いたんだろう。



「今日は楽しかったー」

「もういやだ、学校なんか行きたくない」

「先生は私を見てくれなかった」

「友だちにいじめられた」

「がんばったねってほめられた」



いろんなことが、

毎日あったろう。



小さな背中にしょったランドセルには、

教科書やノートや筆箱といっしょに、

たくさんの思いが詰まっていただろう。



本当に本当によく歩いたね。

行きはどんな気持ちだった?

帰りはどんな気持ちだった?



川にかかる橋に出た。

この橋を渡れば我が家だ。

山のむこうに月がぼうっと浮かんでいる。



「ここを渡ればもうすぐうちだ!」

「早く帰ろう」

「お母さんが待ってるうちに帰ろう」

子供たちはそう思ってくれたろうか。



どんなに理不尽なことがあっても、

自分のうちだけは自分の居場所だと、

家族だけは自分の味方だと、

思ってくれたろうか。



私は想像するだけで、わからない。

自分のフィルターを通してしか、

世界を見ることができない。



そんな子供たちも大きくなって、

もう家にはいない。

唯一、私を待っている者以外には。



玄関が見えてきた。

あそこにはいまだに私を待っている者がいる。



扉の向こう、床にゴロンと横になっているのが見えた。

入ってすぐの場所に横になっている。

いつものクッションの上じゃない。

ここなら飼い主の帰りがすぐにわかるからだろう。

暗い部屋の中、どんな気持ちで待っていただろう。



人間ならば「○○時に帰ってくるよ」と伝えることができるけど、

あの子はそんなのわからない。

飼い主が出て行ったら、ひたすら待つだけだ。

帰ってくるのを信じて、

飼い主の帰宅が一番よく見える場所で、

ひたすら待っている。


あ、私の気配に気づいて立ち上がった。






月は君の待ちぼうけに付き合ってくれたかい?


そうであったらいいなと思った。



−・−・−・−・−・−

例によって久しぶりの更新です(笑)

何かに突き動かされるようにして書きました。

こういうときに限っていつも反応が薄いのですが(汗)、

まあなかなか「伝える」「伝わる」というのは難しいものです。

あと、詳しいことは書けないのですが、

今年の夏はとても忙しいので、

体力つけて乗り切りたいと思います!

だから次の更新はいつになるかわかないよーと、

エクスキューズしておく(爆)

/by nao


スマホだとしんどいぞ



実はこのブログ、先月まで有料プランに入っていた。

広告が表示されるのが嫌でそうしていたのだけど、

ここのところすっかり更新頻度が落ちているし、

いつまでブログ続けるのぉ?的な気分もあったので、

もう有料プランは解約するかぁ、となった次第。

で、今月からは無料ブログになったので、

当然のことながら広告が表示される。

でもまあそれも仕方ないさね、なーんて

達観してパソコンの画面を眺めていたのだが、

スマホの方がエラいことになっていた(汗)

パソコンの広告表示などまだ可愛いものだった。

スマホは広告表示のされ方がハンパない。

記事中で何度もタップを要求されるし、

次ページに行ったら全部広告になっていたり、

スクロールしようとしたら、

間違って広告をタップしてしまう。

とにかくタップタップ!イェイ!

私、タップダンスなんて踊ったことないのにぃ!



そういうことかあ・・・



別にJUGEMさんにどうこうという気持ちは無い。

ここはそういうルールで運営されている場所なのだ。

だから無料で書けるのだし。

あとは私が決めることだ。

さてどうするべ・・・

また有料プランに戻すか、

それとも別の方法があるか・・・



オレはカメラもスマホも嫌いだぜ。。。



休ませるのが恐かった



「旅に出る」、というのはどうだろう。


行く先は「知らない場所」だ。




わが地方は梅雨入りしたのかしらん?


今日は雨。

曇りが好きだ。

晴れも好きだけど、体力が落ちているときはしんどい。

「そんなに何もかも白日の下に晒さなくてもいいじゃんかよお」

と思ってしまう。

(晴れた日は家中のホコリが白日の下に!汗)

でも世の中には、「白黒はっきりさせたい」人が

たくさんいる。

疲れる。

強烈な光は深ーい闇を作るんだどお〜




近づくと一斉にうろたえたように動く。取って食べたりしないよ。


胃を痛めた、らしい。

先週、謎の胃痛に襲われ病院へ行った。

その晩は痛みでほとんど眠れなかった。

今日、内視鏡検査をしたところ、

異常なしだった。

原因はわからないが、わかっていることがある。

胃が「オレもうだめ・・・」とギブアップ宣言をしたのだ。

(私の胃は男だったのか)

心は嘘をつく。

体は嘘をつかない。




足元の草花に宿る完璧な宇宙。


「今までのやり方はもうギブ〜!涙」

と体が訴えている。

何がギブなんだい?

あれかい?それかい?これかい?

(そんなにあったんかい!)

「オレ休みたい・・・」

と体が泣いている。

「オメ、この程度で休みたいなんざ泣き言いってんじゃねえ!」

と恐がりな私が言ってくる。

それはまるで、

保育園に行きたくないと泣きじゃくる私と、

それをたしなめる母のようだ。

そうか・・・

私はずーっと母の価値観を優先してきたのか、

本音を引っ込めて・・・。

母は恐かったんだ、私を休ませるのが。

ああ・・・、

書きながら何かが腑に落ちそうな予感。




草を揺らすと一斉に逃げ惑う。だから何もしないって。


半月くらい何もしないで、

(半月っていうのが何ともしょぼい!)

知らない場所で気の向くままに、

ぶらぶらと。

そんな旅が私にできるだろうか。

休むのが恐かったんじゃなくて、

休ませるのが恐かった私が、

私を休ませてあげることができるだろうか。






行く先は、

南がいい。